国立大学附属病院長会議
HOME > TOPICS > 定例記者会見及びプレスセミナーを開催
 

定例記者会見及びプレスセミナーを開催

 

1.日 時 平成25年12月6日(金)17:00〜17:50

2.場 所 東京医科歯科大学 M&Dタワー 26階 ファカルティラウンジ

3.定例記者会見
 ○ 自由民主党「大学病院を支援する議員連盟」への国立大学附属病院の
  現状説明と今後の発展に向けての要望について

  【内 容】
    去る10月24日(木)に自民党本部で開催されました「大学病院を支る
   議員連盟第2回総会」に出席し、「平成26年度国立大学附属病院関係
   予算にかかる要望書」を提出するとともに、国立大学附属病院の現状 
   等についての説明及び今後の発展に向けての要望を行いました。

   〔議員連盟に説明・要望した主な内容〕
     プロフェッショナルかつグローバルな医師を養成する新たなシステ
     ムの構築が急務
     プロフェッショナルな看護師やメディカルスタッフを養成する新たな
     システムの構築が急務
     国立大学附属病院長会議「将来像実現化行動計画2013」の実現
     化
     革新的な医薬品・医療機器を創出するための制度設計・及び国立
     大学病院の機能を活用できる仕組みの構築が必須
     我が国の医療の発展に向けた国立大学附属病院の機能強化のた
     めに必要な診療・教育・研究体制及び施設設備の充実が重要
     高度医療を継続的に提供するための勤務環境・処遇の改善に対 
     する理解及び支援

    なお、議員連盟では本要望書等を基に決議文が作成され、関係大臣
   にご提出されています。

4.プレスセミナー
 ○ 国立大学病院における感染対策の取り組み

  【内 容】
    世界にパンデミックを引き起こす新柄インフルエンザや、拡大が懸念 
   される鳥インフルエンザ、MERSなどの新興感染症、結核などの再興感
   染症のほか、毎年流行しアウトブレイクが懸念されるインフルエンザや
   ノロウイルス感染症。感染症は治る病気という考えが覆されるような多
   剤耐性菌の出現と拡散など、新旧それぞれの感染症という病気の勃興
   は、高齢化社会を迎える我が国にとって大きな脅威となることから、医 
   療施設内にとどまらず地域連携による組織的な感染症制御の重要性 
   が増しています。
    これまでに国公立大学附属病院感染対策協議会(以下、協議会)で 
   は、足並みをそろえた病院感染対策サーベイランスの継続、病院感染 
   対策ガイドラインの策定、感染制御に関わる医療従事者への研修会の
   開催など様々な活動を行ってきました。特に協議会のガイドラインは我
   が国の感染制御の分野では、最も早期にまとめられたものであり、現在
   改訂版が上梓され、全国の医療施設で活用されています。さらに相互 
   に施設を訪問して、平時の感染対策を評価する相互チェック事業とサイ
   トビジット(改善訪問支援)事業、アウトブレイク時の改善支援調査事業
   が行われており、こうした活動は、各施設での感染制御の質向上と標 
   準化に大きく寄与しており、我が国の組織的な病院感染対策のモデル
   として多くの医療機関や学会からも注目されています。 
    昨年の診療報酬改定では、感染防止対策加算が新設されました。加
   算算定にあたっては、加算1施設同士の相互チェックを導入するなど、 
   協議会における活動が模範として取り上げられ、大きな後押しとなった
   ものと考えられます。
    しかしながら、体制は充実されつつあるものの、現場で実際に感染制
   御を専門に担当する人材はまだまだ少なく、日々発生する院内感染症
   や、新興・再興感染症に対応するための専門家が足りないのが現状で
   す。
    今後は、協議会活動の成果を社会に還元することで感染対策の重要
   性を一層アピールし、病院感染に携わる医療従事者の人材を育成して
   いきたいと考えています。

 

2013年12月6日

 

Copy right(c) 2012 National University Hospital Council of japan
事務局へのお問い合せ